自宅を購入する際に、一番大変なのは土地選びではないかと思います。子供がいる場合は、学校を中心に考える家庭が多いと思いますが、我が家も例外ではありません。というのは、我が家では、子供を転校させたくなかったので、下の娘が義務教育を終えるのを待って、マイホームを購入したからです。賃貸マンション時代に住んでいた町は、市内でも校区がよいことで知られており、そのため環境もよく、地価も高いというエリアでした。我が家の経済状態では戸建て購入はムリだったので、車で15分ほどの場所に土地を見つけて引っ越しましたが、校区のよい場所というのは、教育熱心で所得も高い家庭が多く、そのため、街の環境もよく、住宅の価値も下がりにくいという傾向があります。万一、売却する場合は買い手が見つかりやすく、賃貸に出しても借り手が見つかりやすいというメリットがあります。子供がいなかったり、巣立った後だったりしても、校区に注目して土地を選ぶのも一つの方法だと思います。