新築の家を建てる時にはいくらか注意して建てた方が良いというのがあります。特に注文住宅を建てる時は気を付けないといけないです。なぜなら同じ新築の家でも注文住宅は注文主がどういう家にしたいかはっきりした考えがないと良い家が建たないからです。実際に大したこだわりもない人が注文住宅が良いと思って建てても結局ほとんど業者に丸投げのような状態だったために思ったほど良い家が建たなかったという人もいました。ですから、私が新築住宅を建てた時はそうならないように注意しました。特に私が気を付けたのはどういう家にしたいかを最初からしっかりイメージするという点を気を付けました。そこがないとせっかく注文住宅を建てても良い家が建たないと思ったのでそこはしっかりこだわって家を建てました。逆に言うとそういうのがないなら無理に注文住宅を建てる事もないと思いました。ですが、私は高級感を感じる木造住宅にしたいというこだわりがあったので良い家になったと思いました。